ベネリックレゴストア楽天市場店で「飛行機<ミニセット>」プレゼントキャンペーン開催中!(2019年1月18日0時0分〜)

Advanced Custom Fieldsをショートコードで呼び出す方法

Advanced Custom Fieldsをショートコードで呼び出す方法 WordPress
スポンサーリンク

WordPressのプラグインである「Advanced Custom Fields」を記事内の好きな場所に表示したいので、ショートコードで呼び出せないか試行錯誤した備忘録です。

最終的には無事にできました。

わたしはHTMLとCSSはだいたい理解していますが、PHPはほとんどわからない初心者レベルです。

使っているWordPressのテーマや前提条件

テーマは「Cocoon」を使用しています。

すべて子テーマのファイルを使用しました。

Advance Custom Fieldsはフィールドタイプがテキストのみ使用。特定のカテゴリーで表示、フィールドが空欄の場合は表示しないという条件。

なのでPHPファイルを呼び出す形式になりました。

ショートコードで呼び出すphpファイルを作成

Advanced Custom Fieldsを希望の条件で表示するためのphpファイルを作成する。

ファイル名は「acf.php」としました。

Cocoonの場合は子テーマにアップします。

子テーマのfunctions.phpにコードを追加する

function my_php_Include($params = array()) {
extract(shortcode_atts(array('file' => 'default'), $params));
ob_start();
include(STYLESHEETPATH . "/$file.php");
return ob_get_clean();
}
add_shortcode('myphp', 'my_php_Include');

記事中でショートコードを記述する

[myphp file='acf']
以上です。
スポンサーリンク
WordPress
この記事を書いた人
ギズモ

198X年生まれのサラリーマン。サッカー、ファッション、インターネットをこよなく愛しています。

ギズモをフォローする
スポンサーリンク
bonday.net
タイトルとURLをコピーしました